窓を開けて~ただいまお休み中zzz.....

nanako3838.exblog.jp
ブログトップ

自転車キンクリートSTORE『富士見町アパートメント』

先週の土曜日は雨降りでした。
f0095618_2173556.jpg

初めて、 座・高円寺へ!
『富士見町アパートメント』というこの作品は、実は4人の劇作家が書き下ろしたアパートの一室が舞台の戯曲を、鈴木裕美さんが演出するというオムニバス演劇なのです。
この日は2時から Bプログラム『リバウンド』(作 鄭 義信)、『ポン助先生』(作 マキノノゾミ)
7時から Aプログラム『魔女の夜』(作 蓬莱竜太)、『海へ』(作 赤堀雅秋)
を鑑賞しました。



f0095618_21171768.jpg

中央線の線路沿いににあるので、車窓から見たことはありましたが、間近で見るとなかなかの迫力でした。
f0095618_21173264.jpg

2階のカフェの壁はこんな感じでした。そこで思い出したのは、・・・・・・
f0095618_21175659.jpg

2008年の秋に訪れた、香川県直島のこのアートです。
f0095618_2118894.jpg

中に入ると、ほらね!
ということで、座・高円寺はもしかして草間彌生と何か関係があるのではないかと思ったのですが、調べてみたら関係はないことがわかりちょっとがっかりしました。

遠征^^すると妙に元気になって、平気でマチソワ鑑賞などしているのに、途中夕ご飯タイムをはさんだとはいえ、4本鑑賞はかなりハードでした。アパートの部屋の中で起こる出来事、登場する人たちの会話、それも濃密なものだったからです。
その中で、一番好きだったのは3人のコーラスガールたちの物語『リバウンド』でした。3人の女優さんたちのアンサンブルの見事なこと!そして歌声もすばらしかったです。
『ポン助先生』は、話の持って行き方に少々無理があり、後半息切れ気味だったのが惜しい・・・・・。
『魔女の夜』、この作品が一番閉塞感が強く、ゾクゾクする恐怖感を味わいました。
そして最後の『海へ』はおじさんたちのパワー爆発。昔好きで通っていたMODEで活躍していた久保酎吉さん演じるおじさんを通り越したじいさん振りがすてきでした。一緒に鑑賞した相方は、あれから「赤いスイートピー」を突然歌い出すようになり、ちょっと困っています(笑)。

2月27日から始まった公演も今日が千秋楽。職場からわりと近いのでもう一度観たいなと思いつつ、日々の忙しさに負けて観に行くことは叶いませんでしたが、心に残るいい舞台でした。
雨の高円寺散歩も楽しかったし、カフェもいい雰囲気だったので、またいいお芝居がかかったら是非訪れたい
座・高円寺です。
[PR]
by nanako_konana | 2010-03-14 21:18 | 舞台