窓を開けて~ただいまお休み中zzz.....

nanako3838.exblog.jp
ブログトップ

9月連休 ソウル一人旅~舞台の巻①

すっかりご無沙汰しているうちに10月に入ってしまいました。
さて二日間にわたって楽しんだ舞台の土曜日篇を・・・・・・・・・・!
f0095618_20154370.jpg

               さぁ、どの舞台を観たでしょう?



                   最初に観たのはコレでした。
f0095618_20164044.jpg

会場はマロニエ公園のお隣、アルコ芸術劇場の小劇場です。翻訳物のブラックコメディーで、出演者は3人。台詞の応酬に緊張感がずっと続き、だんだん事態が深刻になっていくのですが・・・・・・。
なんだかブラックに偏りすぎていて、笑うところがない、というか肩すかしを喰らいっぱなしという感じでした。千秋楽の前の日で、ほぼ満席の会場なのに寒かった・・・。暑い日でしたが、決して冷房の効き過ぎで、ではなかったみたいです。私の右隣の男性は途中で睡眠状態、左隣の男性は、最後の拍手もしていなかったので、言葉がわかっても・・・・・・だったのかも?!
と言うことで感想という感想も書けずに、次行きます!

劇団チャイムの新作『썽난 마고자(怒ったマゴジャ)』です。マゴジャというのは韓服の上に着る上着のこと。鍾路のタプコル公園が舞台のお芝居です。
f0095618_20244414.jpg


f0095618_20282477.jpg

         本日の出演者。上の段がお年寄り役(マゴジャチーム)。下の段が若者役です。
f0095618_20261567.jpg

会場に入るとハラボジたちがすでに公園内をウロウロしていて、近づいてきては誘ってお客さんと一緒に写真を撮ったり、楽しく交流していました。こちらはちょっぴり伊達者のおじいちゃんです。
f0095618_20262715.jpg

こちらのおじいちゃんは、かなり強烈な個性を発揮されていました。前作でもおじいさん役だったので、本当は若いっってことさえ忘れてしまいそうな爺さん振りでした。

パワフルなハラボジ三人衆と紅一点のハルモニが、とても魅力的です。その魅力的なお年寄りたちは、若い劇作家と恋人が創り上げた人物像でありという入れ子構造のお芝居なのですが、とても自然に入っていけるお話の関係を展開し、舞台に深みを持たせてくれました。
これまでの『B언소(蜚言所)』 『영덕원이야기(ヤンドグォンイヤギ)』に比べると、台詞が断然聞き取りやすかったこともあり、すっと作品の世界に入って身をゆだねて楽しみながら、いろいろ考えさせられた舞台でした。
10月24日まで公演延長だそうなので、これから行かれる方はぜひチャイム専用劇場に足を運んでみてください。劇団チャイムのTwitterを通して予約すると40%オフになるそうですよ!

そしておまけ情報・・・・『B언소(蜚言所)』 が10月8日、9日の二日間、江原道の太白文化芸術会館大劇場<で上演されるそうです。ただいま練習中!!
[PR]
by nanako_konana | 2010-10-04 20:24 | 舞台