窓を開けて~ただいまお休み中zzz.....

nanako3838.exblog.jp
ブログトップ

『ア・ラ・カルト~役者と音楽家のいりレストラン』(青山円形劇場プロデュース)

暮れのこの時期、家族で青山に出かけるのが3年前までの恒例行事でした。
でもここ2年はチケットが取れず涙を・・・・。今年は運良くチケットが手に入り、久しぶりの暮れの青山詣でになりました。
でもメンバーは二人。この2年で、息子は成人。まだまだすねはかじられているものの、夫婦二人がしっくりくるお年頃(?!)になっていたのです。
f0095618_205713100.jpg

青山円形劇場の真ん中の円い舞台に毎年暮れになると開店する、レストラン「ア・ラ・カルト」
そこで繰り広げられるドラマは、AperitifからDigestifまでメニューに。メインディッシュの後にはショウタイムもあります。
今年はミュージカルで活躍されている石井一孝さんをゲストに迎えて、彼の華やかさと張りのある歌唱が、白井晃さん、高泉淳子さん、陰山泰さんのベテラン3人といいあんばいにからみあい、とってもいいお味でした。
石井さんの舞台は、ずいぶん前に青山劇場で『カルメン』を観たことがあるだけですが、すっかり大人の風格が備わり、これからが楽しみな役者さんだと思いました。
ショウタイムで、なんと『ジキルとハイド』のさわりのパロディーを!!
いやいやいや~、なかなかいいではありませんか~!!関係者のみなさまの目にとまったに違いありません。(笑)
今年で開店18周年のレストラン「ア・ラ・カルト」ですが、白井さん、高泉さん、陰山さんの3人は、3年ぶりのブランクを感じさせないパワーで、もうそれだけで感動でした。
高泉さんに至っては、美しさがアップしたような!
中西さんのバイオリンも、軽やかにつややかに、そしてしっとりと沁みました。ベースのクリスさん以外は私にとっては初めてのメンバーでしたが、息はぴったり。なんともはや贅沢な舞台です。
それに引き替え・・・・、と我が身を振り返ると、体型だけでなくいろいろな面でパワーがダウンしているような・・・。でも今年は3月にブログを始め、素敵な出会いがたくさんあったなぁ・・・!
そして夫婦そろって元気に年の瀬を迎え、共に楽しめる幸せは何物にも代え難いもの。
舞台に引き込まれつつも、いろいろな思いが駆けめぐった3時間でした。

そうそう、今回初めてこんなものを持参いたしました。
Lさん、背中を押してくださりどうもありがとうございました!







f0095618_21191166.jpg「ア・ラ・カルト」専属歌手である、われらがペギー冨岡女史に、愛を込めて手渡すことができました。
その昔は「見えない花束、どうもありがとう」と、大きな見えない花束を抱えていた彼女が、お花を入れるかごを抱えた助手二人を率いているんですから、もうびっくり。
相方のギタリスト、古賀まさる氏のギターはとても上手になっていました。
この二人の恋の物語もありましたねぇ。

                 帰りは原宿まで夜の散歩を。
f0095618_2126612.jpg

                  しみじみと、いい夜でした。
[PR]
by nanako_konana | 2006-12-17 21:27 | 舞台