窓を開けて~ただいまお休み中zzz.....

nanako3838.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

上海旅~⑩見~つけた!

 中国の小さなお子さんは、トイレ用に穴の空いたズボンを着用しているという話を聞いていたので、上海でも密かに探していました。でも、さすが大都会上海!自然に土に還る環境ではないせいでしょうか、さっぱり見かけません。諦めかけた帰国前日、とうとう見つけました。
f0095618_20394350.jpg

写真ではわかりづらいのですが、パパに手を引かれて外灘の遊歩道を歩くの坊やのお尻には、しっかりと切れ目がありました。その後帰国日にリニアの駅に向かう地下鉄の中でも一人お見かけしました。でも、もしも車内で自然現象が起こったらどうなるのでしょう?!
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-31 20:44 | 上海

上海旅~⑨観光スポット その3(南京東路)

上海の夜景は外灘が有名ですが、ここ南京東路も忘れてはいけません。どこからわき出てきたのかというくらい、一日中人であふれかえっています。上海到着のその日の夜、外灘からここまで歩いて宿に戻るとシャツの肩口に真っ赤な口紅がくっきり付いていました。(笑)
f0095618_18121053.jpg

そんな人混みの通りですが、午前中に訪れるとこんなグループがいました。
f0095618_1814328.jpg


ちょっぴり近寄って見ると、
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-28 18:18 | 上海

上海旅~⑧観光スポット その2(豫園)

 上海市内ではずせない観光スポットが豫園です。まわりを商店街が取り囲み、ここがまた人・人・人・・・・・。庭園に入る前に美味しい小龍包を!と東京は六本木で予習をしていたのでしたが、行列を見てすぐに諦めました。
f0095618_2144767.jpg

 庭園自体はさして広くはないものの、緑と池と建物と岩のコンビネージョンがとてもすばらしく、外の喧噪を忘れてしばしくつろぐことができました。
f0095618_21465866.jpg


塀の外をのぞいて見ると
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-26 21:49

上海旅~⑦観光スポット その1(朱家角)

 上海旅が遠い昔のようなバタバタ忙しい日常です。今日からぼちぼち観光篇に。今回は初めての中国で、4泊という微妙な日程でしたので、基本的には市内を歩くことだけしか考えていませんでしたが、水郷を見てみたかったので行って来ました。ここは上海市内から一番近い水郷。きっと往復も楽だろう考えて決めたのですが、いやいや~、たどり着くのも市内に戻るのもなかなか大変でした。とにかくものすごい人・人・人で!!
f0095618_21165010.jpg

 この写真を撮った、放生橋という美しいアーチ型の石橋の上も驚くべき人だかりでした。今写真だけ見るととてもいい感じです。いつの日か、中国の休日を避けてもう一度ゆっくり訪れてみたいと思います。そうそう、ここで買って食べた粽はそれはそれは美味しかったです。(手がベトベトで写真は撮れませんでした。)
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-25 21:26 | 上海

「チェケラッチョ!!」

 ご近所のシネコンで、ちょうどいい時間に上映していたので行ってきました。
f0095618_19561623.jpg市原隼人君は日に焼けてもメラニンが沈着しないタイプなのか、最後まで妙に色が白いことだけが気になりましたが、素直に楽しめる佳作に仕上がっていました。個人的には柄本佑君が◎でした。昔、本多劇場のロビーでお姉ちゃんと一緒に走り回っていたあの男の子に間違いないと思います。(東京乾電池の本公演でした)
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-21 22:00 | 映画

「ダンサーの純情」(韓国映画)

 前売り券を早々買ってあったのに、行き損なっていた「ダンサーの純情」を、シネマート六本木の朝一の回で見てきました。地下2階まで、上り下りとも階段が使用できるようになっていたので、まずは一安心。でも、ものすごい人の行列!何かの舞台挨拶でもあるのかと思いましたが、結局わからないままでした。(何だったんだろ?)封切ってもう1ヶ月以上なのに、お客さんは30名近く入っていました。
f0095618_1955442.jpg主役を張ったお二人に大きな拍手を心惜しみなく送ります。165㎝のグニョンちゃんがあんなに小さく見えたと言うことは、いかにパク・コニョンが大きいかということですよね。ダンスシーンだけでなく、彼の立ち姿の美しさには目を見張るものがありました。気持ちをおさえておさえて頑張る役だったので、なおさらその姿が心に焼き付いてしまったのかも?!(また気になる役者さんが増えてしまいました。)
 出入国管理所の調査官コンビが面白かったですが、男性の方(イ・デヨン)はよく見るお顔だとだと思ったら、「達磨よ、遊ぼう!」に出ていたんですね。それにしてもこの顔はもっと見たことあるはずと調べたら、「バス、停留所」「ペパーミントキャンディー」にも出ていたことが判明。道理で知っている感じが強かったわけです。同行者は、キム・ギスの豊かな表情に注目しておりました。佐藤隆太系というのか、愛すべきキャラクターでした。
  
 
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-20 20:24 | 映画

上海旅~⑥買い物 その2(地元スーパー)

 旅先ではいかにも地元といった雰囲気のスーパーでの買い物が好きです。上海でも着いたその日に宿の近くの寧波路沿いのスーパーへ。ここは市場とスーパーの中間のような感じで、到着日の夜8時過ぎだったせいか、、なんだか品物に元気がなかったので、買わずにパス。その後、朝の散歩中に偶然見つけたスーパーで買い物しました。
f0095618_19392411.jpg


戦利品はこちらです。
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-19 19:46 | 上海

上海旅~⑤買い物その1(新茶)

 旅の楽しみの一つに買い物があります。ちょうど新茶の季節だったので「もしも手に入ったら」という友人のリクエストを受け、龍井茶の新茶を求めて「天山茶城」という、お茶屋さんのコンプレックスに行ってみました。あまり情報がなく、近いと思われる駅で降りてタクシーを拾ったら「あっちで乗ってよ」というような身振りが返ってきて、大通りを横切ってみたものの、また乗車拒否?!3台目でようやく乗せてもらえたと思ったら、1分も経たないうちに「はい、ここでょ?」と停車。載せてくれなかった2台は、あまりに近いので、「すぐそこだよ」という手振りだったことが判明しました。
f0095618_21323326.jpg

茶城というだけあって、立派な門構えでした。1階から3階まで、お茶屋さんや、茶器を扱うお店が入っていて、どこで買い物して良いやら・・・・?台湾のお茶は好きで飲んでいましたが、中国の緑茶は初めてです。宿の近くの小さな町のお茶屋さんで試しに少し買って事前に飲んでみたら、あまり美味しくなくてありゃりゃ・・・???
あちこち見て歩き、龍井茶がメインの品揃えのお茶屋さんで試飲させてもらいました。日本の緑茶とはまた違った味わいで、さっぱりしていてほのかに甘い感じでした。その後、小姐の「我 先生」も登場し、筆談で値段など交渉しての買い物になりました。
f0095618_2211106.jpg
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-18 22:19 | 上海

上海旅④~朝の散歩 その3

なんだか朝の散歩のレポートばかりですが、本日は横町篇です。
f0095618_21232667.jpg

路上市場もにぎやかでした。
f0095618_21254749.jpg

写真には写っていませんが、朝や夕方、パジャマ姿で外に出ている市民のみなさまを多数目撃しました。そのままスーパーでお買い物していたのにはびっくりでした。
そういえば、5年ほど前に香港に行ったときは、夕方パジャマ姿の団体さんに遭遇しました。日本でも、私が子どもの頃は銭湯帰りのパジャマの子どもを見かけたりしましたが、大人はいなかったような?!

中国のパジャマはこんな感じでした。
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-15 21:38 | 上海

久しぶりに下北沢へ~「あほんだらすけ18」

 最近は映画をよく観るようになりましたが、かつては小劇場系の舞台が大好きで、1990年から約10年間、足繁く舞台を観るために通った街が下北沢でした。昨日は冷たい雨が降る中、久しぶりの下北沢は、ザ・スズナリへ!東京ヴォードヴィルショー<花組エキスプレス>の「あほんだらすけ18」を楽しんできました。f0095618_1930560.jpg
整理券番号順に狭い階段を滑らないように気をつけて登り、下足入れのビニール袋をもらって靴を入れて薄暗い会場に入ると、なんと客入れの歌は、生の歌謡ショーで、大好きな役者さんであるまいど豊さんが、ド派手な赤い衣装で歌いまくっていました。整理番号早くてラッキー!続いてサブちゃんメイクの山口良一さんが登場。あっという間の楽しい客入れタイムでした。
 このシリーズは山口良一さんと高橋等さんの劇団入団10周年を記念して立ち上げたプロジェクトで、私は4から観ています。昨年、一昨年と観なかったので今回2年ぶりでした。笑いあり、涙ありのショー形式のお芝居ですが、毎回笑いながらもほろりとさせられ、元気をもらって帰る舞台です。

まいどさんは、こんな人です!
[PR]
by nanako_konana | 2006-05-14 19:50 | 舞台