窓を開けて~ただいまお休み中zzz.....

nanako3838.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大学路で舞台を~『地下鉄1号線』

ドイツのウォルガー・ルドウィッヒの戯曲を下敷きに、韓国で70年代にシンガーソングライターとして活躍したキム・ミンギが1994年からずっと上演され続けている、『地下鉄1号線』を、大学路のハクチョングリーン劇場で鑑賞してきました。
ファン・ジョンミン、ソル・ギョング、そしてチョ・スンウがかつてこの作品に出演していたということで、以前から一度観てみたいと思っていた作品です。
f0095618_20535919.jpg

土曜日は日本語字幕がつくのですが、ざっと見渡したところほとんどが10代から20代前半のソウルの男女学生のようでした。学生料金が設定されているので、若い人も気軽に足を運べるのはいいことですね。

開演前に腹ごしらえには、初めてのスジェビを。おかずとご飯がつきなので、お腹いっぱいになりました。
f0095618_2121198.jpg

                水差しには笑顔の彼が!!(笑)
f0095618_215082.jpg

劇場は下北沢のザ・スズナリを小綺麗にして幅をもう少し広げたような感じの規模で、心地よい空間となっていました。
チケットと一緒に<背景説明>と<登場人物>を紹介している日本語のレポートが渡されたので、目を通してから臨みました。韓国人なら誰でも知っているという「仙女と木こり」という民話がこの作品のモチーフになっているということや、清涼里558という私娼街のことなどが簡潔に書かれたもので、とてもよい鑑賞の手引きとなりました。
ロックミュージカルと銘打っているだけあって、アルトサックスを含む5人のバンドメンバーの生演奏で舞台はスタート!
主要な登場人物がアンサンブルもこなしながらエネルギッシュに歌い、踊り、語る若い役者たちにグイグイ引っ張られながら、ライブ感に酔い、楽しんだ2時間40分でした。
常に韓国の世相を反映させた舞台つくりをし、2000年11月からは原作の著作権を免除され、完全に韓国のオリジナル作品となったとのことです。また機会があったらぜひ足を運び、時代と共に変わっていく『地下鉄1号線』と再会したいと思います。

昨年の3月29日には公演3000回を迎え、『ジキルとハイド』の日本公演直後のスンウくんと、映画出演が引きも切らないファン・ジョンミンが特別出演したそうです。劇場の狭い廊下にはかつての舞台写真や、世界各国で上演された際の新聞などがところ狭しと貼られていました。
f0095618_21332667.jpg

[PR]
by nanako_konana | 2007-11-28 21:42 | 舞台

初冬のソウルへ!

勤労感謝の日に大きな仕事が一つ終わり、打ち上げの後帰宅したのが11時。
翌朝3時半に起き出し、4時半には地元駅前から羽田行きのバスに乗り込み、1年ぶりのソウル単独行に出発!!
去年は1泊2日の強行ツアーでしたが、今回は2泊3日のちょっと余裕の旅程となりました。
f0095618_21361292.jpg

<鑑賞してきたもの>
・ミュージカル『地下鉄1号線』(ハクチョングリーン劇場)
・『食客』(ピカデリー)
・『スカウト』( 〃 )
・『JUMP』(鐘路ジャンプ劇場)
・『正しく生きよう』(団成社)
・『黒い地の少女と』(シネキューブ)
コンビニおにぎりのお世話になることなく、おいしいものもちょっぴり食べて。・・・・・ちょっぴりだったつもりが、しっかり1㎏増量していました。(笑)
映画の感想など、明日からのんびりアップしていくことにします。
[PR]
by nanako_konana | 2007-11-27 21:45 | ソウル

祝10周年!~フェスタ・イン・ビニール♪

毎年恒例のライブイベント、「フェスタ・イン・ビニール」!!
今年でめでたく10回目を迎えた、東京の片隅の白石農園のビニールハウスで繰り広げられる、なんとも楽しいこの企画は、サックスプレイヤーの梅津和時さんを中心に行われている、完全手作りライブなのです。昨年のレポはこちら
f0095618_20283687.jpg

プログラムはその場で手書き。多田葉子さん作です。その脇では、梅津さんが紙を切って整理券を作成していました。

日曜日はあいにくのお天気だったのですが、史上最高のお客さんが集まり賑やかに開宴です。
f0095618_20315754.jpg

 こまっちゃクレズマ登場!会場後方でフリマの店番をしながら気がつくと踊っていました。(笑)
f0095618_20423867.jpg

ガイコツ楽団は初登場!歌っている平井正也さんはマーガレットローズというバンドをやっていて、一度聴いてみたいなと思っていたので、うれしかったです。彼はきっと清志郎が好きなんじゃないかと思いました。ガイコツ=渡辺勝さん。怖いくらいそのまんまでした。
f0095618_20573021.jpg

そして同じく初出演の楽団。めおと楽団ジキジキのお二人です。
もうビニールハウス中がこのお二人に持って行かれて、ノリノリの大笑い!
f0095618_2058349.jpg

鍵盤ハーモニカを「デコ弾き」されています。題して「オデコはつらいよ」。葛飾柴又のあのメロディーですよ。
画像だけ見ると、ただのお笑いバンドといったふうですが、奥様のカオルコさんはクラシックの、旦那様のきよしさんはロックの、それぞれがものすごい高度なテクニックとハートをお持ちで、笑いながらも感動!!でした。「ホテル北津軽」が忘れられません。このお二人のことは今後追いかけてしまいそうです。
f0095618_21121347.jpg

こまっちゃに歌姫おおたか静流さんを迎えた、こまったかクレズマー。
最近の子ども番組にはとんと疎いのですが、「にほんごであそぼう」という番組関連の歌らしく、振り付け指導も交えて盛り上がりました。会場には小さなお子さんもたくさんで、みんな楽しそうでした。
おおたかさんの登場と共に、ものすごく激しい雨が降り始め、ビニールハウスの中は雨音でいっぱいに!おおたかさんは間違いなく雨女です。アンコールでの再登場時も同じく大降りになりましたから。
f0095618_21183653.jpg

大トリは吾妻光良バンド。吾妻さんの声は本当に魅力的で、α波がたくさん出て心地いいのです。でも、なぜか彼の登場とともに、それまであまり売れ行きのよくなかったフリマの客足が突然増えて、接客に追われてしまい、気がついたら終わっていました。(涙)残念~。
f0095618_21223651.jpg

盛り上がった10回目のフェスタ・イン・ビニールもいよいよ大詰め。出演者勢揃いのアンコールです。
なんとも楽しい一日が、日暮れと共に終わりました。
来年もまたここで、元気に再会できますように!そんな思いを胸一杯に、そして来年は長靴を新調しようと密かに決意しながら、自転車をこいで家路についたのでした。
[PR]
by nanako_konana | 2007-11-15 21:29 | ライブ

ポン・ジュノ監督講演会~東京工芸大学中野キャンパス

感動新たなうちにアップしようと思いつつ、忙しさに負けて1週間たってしまったポン・ジュノ監督講演会!
月曜日の午後の開催でとうてい参加はできないところなのですが、いくつかのラッキーが重なり約2時間にわたりお話を聞く機会を持つことができました。
f0095618_18485979.jpg

東京工芸大学芸術学部主催の「ひらけ!メディア 日・韓国メディア芸術の現在2007」の企画の一つとして西村安弘准教授がポン・ジュノ監督に質問する形の講演会で、最後には参加者からの質問を受ける時間もありました。
会場は大学内のホール。学生に時代に戻った気分で、かなり必死にメモをとりながらの参加となりました。
でも、1週間経ってしまうとメモを見ても???のところが多々あり、かなりあやふや。20ウン年前とは記憶力がまるで違うという現実に気づき愕然。
しかもカメラを忘れてしまい、監督の真夏の東京での撮影で日に焼けたと思われる精悍なお顔をご紹介することができません。(涙)予想以上にとても素敵なポン・ジュノ監督でした。(はーと)

<11/12うれしい追記!>
一緒に講演会に参加した友人が撮影した写真を送ってくれたので、喜びいさんでアップさせていただきました。
f0095618_20484362.jpg

この日の参加者は実は決して多くはなかったのですが、それを気にかける様子など微塵も見せずに、熱心に話してくれた監督の笑顔です。
Nさん、どうもありがとう!!

以下、メモを頼りに・・・・
[PR]
by nanako_konana | 2007-11-11 21:15 | 映画

『京義線』(パク・フンシク監督)~NHKアジアンフィルムフェスティバル

2年間に『ドント・ルック・バック』のロングバージョンを鑑賞したあと、監督と役者さん3人がティーチインに登場したことが懐かしいNHKアジアンフィルムフェスティバル。
f0095618_21522282.jpg
韓国映画は毎年上映されているわけではなく、一昨年の前は1999年(第3回)に遡り、なんとそのときの上映作品は『ペパーミントキャンディー』だったそうです。

南北断絶で切断されている『京義線』に乗り合わせた男女の交流が描かれた今回の上映作品は、台詞は少なく、主人公たちのアップを多用し、その表情から観る人に伝えようとする意図が感じられるもので、とても好きな映画だと感じました。
地下鉄の運転士を演じるキム・ガンウは実に素朴な好青年を演じていて、はまり役だと感じましたが、『野獣と美女』では、すかした検事役でした。これからがますます楽しみ!
ベルリンに留学しで博士号を得た大学非常勤講師役のソン・テヨンも細かい心理描写の多い難しい役をしっかりと演じきってきました。

パク・フンシク監督というと『私にも妻がいたらいいのに』を思い出しますが、あのパク監督とは同姓同名の別人で、これが2作目の監督作品。
ちなみに1作目はチョン・ジュノ主演の、『逆転の名手』なのですが、未見です。本作とはだいぶ違ったテイストの映画のようですね。

終映後のティーチインには、
[PR]
by nanako_konana | 2007-11-04 22:27 | 映画