窓を開けて~ただいまお休み中zzz.....

nanako3838.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

演劇熱戦2!その1「不器用な人たち」(作・演出 チャン・ジン)

極寒のソウルから戻って早2週間が経ちました。
昨日春一番が吹いてしまったので、さすがにそろそろ今回の旅のイベントだった「大学路で演劇熱戦の舞台を観ること」のまとめをし、旅レポを仕上げていきたいと思います。
鍾路で映画2本を鑑賞した後に、地下鉄1号線から4号線に乗り継ぎ、惠化駅に降り立つと、願いがかなった喜びと共に果たして言葉がわからないのに舞台が楽しめるのかという不安も感じられ、にわかにドキドキしてきました。
f0095618_2112668.jpg

ドキドキしていたせいか、地下鉄通路のポスターを見てうれしさのあまり撮った写真は、ごらんの通り見事なピンぼけ!
f0095618_214496.jpg

        東崇アートセンター前ではためく、演劇熱戦2の旗です。

チャン・ジン監督の舞台を観られる日が来るとは、本当に夢のようでした。昨年の秋にシネマート塾でお話を伺い、監督は舞台をこよなく愛する演劇人であることを実感させられ、いつの日か舞台を観てみたいと思ったことが、思いも掛けず実現しようとしているのです。
東崇アートセンターの小ホールは5階にあり、エレベーターから降りると、開場にはまだ間がありましたが、たくさんのお客さんがすでに集まっていました。
それも下は10歳から上は70代とおぼしきシルバー世代のご夫婦まで、実にさまざまな年齢層の人たちが、みんな楽しげに談笑しながら待っているのです。それを見ただけで、とても幸せな気持ちになり、期待が盛り上がってきました。本当にいい雰囲気でした。
チケットは全席自由席。ところがみなさん思い思いの所に陣取っていて、会場入りに当たってはまさかドッと流れ込むわけでもあるまいにとキョロキョロまわりを見回しているうちに、劇場のドアが開きました。スタッフがなにやらさっぱりわからないアナウンスをしたと思ったら、お客さんが入り始めました。どうやら「○番まで」と言っているようだと気づきあわててチケットを持って行きスタッフさんに見せると、なぜか私たちは「55」「56」とチケットに書いてもらうことになり、その後すぐに入場できてしまいました。あれはどういうシステムだったのでしょう?
会場は下北沢のザ・スズナリを一回り大きくした位の感じの規模で、座席は背もたれがあるベンチスタイルで、前方中央エリアはすでに埋まっていましたが、入ってすぐの2列目の上手側にはまだ空きがあったので、うまくそこに座ることができました。舞台には幕がないので、もう手に取るように舞台がそこに迫ってきています。これなら役者の表情はもちろんのこと、息づかいまで感じられそう。言葉がわからなくても、なんとかいけるかな!そんな希望の光がさしこんできました。
なんてラッキー!!

客電が落ちて、いよいよ開演です!
[PR]
by nanako_konana | 2008-02-24 22:19 | 舞台

ソウルで観てきた映画~覚え書き その4

夕方早い便で帰る最終日。ようやく日が昇り始めたソウルの街角を白い息を吐きながら歩き、乙支路三街駅から地下鉄2号線に乗り込みました。
f0095618_22174941.jpg思いがけずまだ上映されていた「無防備都市」(イ・サンギ監督)を観に、三成のメガボックスCOEXへ。いよいよ最後の映画鑑賞となりました。
地下鉄2号線はソウル市内を漢江をはさんでぐるりと一回りする環状線です。ずっと鍾路界隈にいたので、地下鉄が途中から高架線になり漢江を渡るとき、ちょっぴりワクワクしてしまいました。
さて、この格好いいポスターから勝手に想像していたイメージと、実際の映画とはかなりギャップがありました。キム・ミョンミンとソン・イェジンのクールでスタイリッシュな雰囲気が先行した雰囲気ではまったくなくて、非常に泥臭く情に厚い韓国らしさ満載の映画だったのです。
ロングランでしかも朝一(8時35分からですよ!)なのに、お客さんが私たちの他にもちゃんといて、いい感じで盛り上がりながら一緒に鑑賞できたのも、なかなかよかったです。
キム・ミョンミンはおそらくとても素敵だったはず。実際、素敵なミョンミン氏を楽しめればいいともうそれだけでOK気分だったのに、あらあらどうしたことでしょう。その件に関しては意外にもクールにスルーしてしまった私です。前夜に思いがけず萌えて壊れてしまった直後だったからでしょうか?(注:南大門のことではありません。)
ミョンミン氏の上司役で、ソン・ビョンホ氏も登場し、慈愛が籠もったあのかわいらしい瞳には一瞬揺れましたが、本当に一瞬でしたし。(笑)
ソン・イェジン嬢は、日本のヤクザのテラジマススムという男とのやりとりを、よどみない日本語でこなし、今回観た映画の中の怪しい日本語に慣れてしまった耳には、ハッとするくらい上手でした。でも、頑張っていることはわかるのですが魅力全開とまではいっていなかったような気がします。
と言うのも、もっと凄い女優さんが出ていたからなのです。

その女優さんとは、
[PR]
by nanako_konana | 2008-02-22 22:43 | 映画

ソウルで観てきた映画~覚え書き その3

滞在二日目の朝一のソウル劇場のロビーは冷え込んでいました。スタッフもフード付きのそろいのコート姿なんです。これは中もさぞや寒いだろうと思ったら、拍子抜けするほどホッカホカに温まっていました。
f0095618_21573539.jpgそんな温かい劇場で観たのは、「スーパーマンだった男」(チョン・ヨンギ監督)でした。ソウルの映画館(COEXのメガボックスでした)で、当時ソウル駐在中だった友人と初めて観た映画が、この監督の作品「マラソン」でした。
韓国語がまったくわからなくても、いい映画は楽しめるし心に響くと言うことを知り、友人が東京に戻ってきてからも、ときどきふらっと一人でソウルに映画を観に行くようになったのは、この初体験があまりにすばらしかったからだと言っても過言ではありません。ですから今回のソウルエンタ旅で観る映画のセレクトに当たっては、御三家の3本と共に、迷わず即決の作品だったのです。
前書きばかりが長くなってしまいましたが、いやいやいや~、これほど見事に期待を裏切ってくれるとは、もうびっくりでした。
突飛な行動でみんなを驚かす、自称スーパーマンは実は・・・・・、という筋書きを否定するものではありませんが、描き方がもうまったく納得できるものではなく・・・・・・・・・・。
笑い飛ばせるよう内容ならまだ許せるのですが、後々思い出してもうなされるような、なんとも言えない心持ちにさせられるとなると、もういけません。温かかったはずの劇場も、なんだか寒々しかったように思い出されますし、今回観た映画の中で一番短かったのに、それはそれは長く感じらたのでした。
「トワ ジュセヨ~」と言いたかったのは、私の方でした。(笑)

ファン・ジョンミンもチョン・シヒョンも、シナリオを読んでこの映画への出演を決めたのでしょうか?どこが気に入ったのかいつか機会があったら、ぜひぜひ質問してみたいと思っています。
日本公開(あるのかなぁ・・・)の際には、意を決して足を運ぶことにしましょう。
[PR]
by nanako_konana | 2008-02-21 22:29 | 映画

ソウルで観てきた映画~覚え書き その2

f0095618_20302025.jpg2本連続映画鑑賞の後、大学路での観劇を経て、再びピカデリー劇場に舞い戻って「ワンス・アポン・ア・タイム」(チョン・ヨンギ監督)を観ました。この映画にはパク・ヨンウを堪能(笑)できればそれでよしと、肩の力を抜いて楽~な気持ちで臨んだのですが、しばらくして予想もしなかった初めて体験した緊張状態に追い込まれてしまいました。日本占領下の京城を舞台にしているのは朝一で観た「ラジオデイズ」と同じなのですが、こちらの作品はその15年後の1945年の8月15日の数日前から始まるのです。(日にちは失念・・・)
ワンス・アポン・ア・タイムというタイトルからも、昔のおとぎはなし的なニュアンスが伝わってきますし、軽妙な筋書きで決して重苦しくはないのですが、歴史を知る者の一人としては、ソウルっ子のみなさまがドッとわく場面では、歴史の重みを感じずにはいられませんでした。パク・ヨンウ演じる詐欺師の名前は金山さん。その彼が「朝鮮人と犬はお断り」と入り口に書かれたナイトクラブに、颯爽と入って行くのです。
当然のことながら日本語の台詞も多く、ハングルの字幕がつくのですが、これが実に見事な韓国語発音の日本語で、日本語にはない激音がちりばめられているので、さっぱり聞き取れませんでした。でもそれはなぜか最初だけで、すぐにその日本の台詞は韓国語になり、返事の「ハイっ!!」と名前の○○さん、だけが日本語という事態に変化。それなら最初からどちらかに統一して欲しかったところです。京城の街の日本語の看板も実にチャチで、おそろしく下手な字で「めがね屋」などと書かれていて、しかもどれも同じ筆跡でした。
そして極めつけは、日本人の服装です。この件に関しては旅友Mさんが画像入りでレポートしてくれているのですが、本当にびっくりでした。こんなこともあり、日本公開は絶対無いと思われます。
いろいろ気になることが満載だったため、この映画の感想もどうにもこうにもまとまらないのですが、パク・ヨンウはとても素敵でした。セクシーさも期待を裏切ることがなかったことも合わせて報告させていただきます。
[PR]
by nanako_konana | 2008-02-20 21:02 | 映画

ソウルで観てきた映画~覚え書き その1

観てきた映画の覚え書きを、思い出すままに・・・・・・・・・・。

f0095618_21323059.jpgソウルエンタ旅の栄えあるトップバッター作品に選ばれたのが、「ラジオデイズ」(ハ・ギホ監督)でした。
1930年の京城のラジオ局を舞台にしたこの作品の話をはじめて聞いた時に、思い出したのは、三谷幸喜率いる東京サンシャインボーイスの舞台「ラヂオの時間」(その後映画化)でしたが、実際に観てみると、「笑の大学」的な要素も加わり、実際は重苦しい時代背景がありながら、決してドロドロせず、スンボム演じるPDロイドの大奮闘が軽快に描かれた佳作でした。
末っ子キャラだったスンボムが、すっかり頼りがいのある兄貴役を自然体でこなしていたのに、目頭がちょっぴり熱くなりそうな、そんなさわやかな感動もありました。
残念ながらお客さんの入りは今ひとつだったようで、1週間後にはソウルでの上映館は1つのみ。しかも深夜1回になっていたのはとても残念。日本公開はないかなと思いつつ、某福岡の映画祭あたりでやってくれたらいいなと、期待しています。もう一度、日本語字幕付きで観たいので、関係者の方どうぞよろしくお願いします。エンディングに楽しい仕掛けもあるんですよ。

f0095618_2147585.jpg「ラジオデイズ」に引き続き観たのは、
「ザ・ゲーム」(ユン・イノ監督)です。
今回予定していた映画の中で、この作品が一番ヘビーそうな予感がしたので、あえて1本目は避けたのは大正解でした。原作は日本のコミックということで、旅友はしっかり予習して来ていたのですが、私は予備知識としては、シン・ハギュンとピョン・ヒボンの演技対決が見物らしいということくらいで、ストーリーもわからぬままの鑑賞でした。
それでも、この作品はそんな私をグイグイ引っ張ってくれ、最後まで集中の糸がとぎれることなく手に汗を握りドキドキしながら楽しむことができました。
ネタバレになってしまうので筋書きには触れませんが、主役の二人はすごいです!
特にシン・ハギュンは、後半になると怪演といってもいいほどの迫力で迫ってきます。しかもかなりセクシー!でした。
[PR]
by nanako_konana | 2008-02-18 21:45 | 映画

怒濤のソウルエンタツアー!!

ソウルでの一夜が明け、怒濤のエンタツアーの幕が切られました。まずは足跡の覚え書きから・・・・・・・。
f0095618_20471299.jpg映画館と劇場で過ごした熱くそして幸せな時間!
f0095618_2048336.jpg
決して忘れることはできないでしょう!!f0095618_20513562.jpg大学路に行けるどこでもドアがあったらいいのになぁ!!!
f0095618_20541941.jpg












     

こんな三日間でした!(長いです)
[PR]
by nanako_konana | 2008-02-16 20:15 | ソウル

ソウルで「チャル モゴッ スミダ」

深夜到着のソウル旅は実質2日半。この間、ほとんどを映画館や劇場で過ごしていたのでゆっくりご飯を食べる時間はあまりないかなと思っていました。
でも旅の相棒がいてくれたおかげで、あわただしいスケジュールの中でも、食事時間は楽しいものとなりました。
f0095618_20511348.jpg

一日目、チャンジンのお芝居がはねたあと大学路の東崇アートセンター前で早めの夕ご飯を。カルビクッパ(5000ウォン)です。おかずたくさんとご飯がついてくるので、これで満腹大満足でした。
f0095618_2055150.jpg

二日目のお昼は仁寺洞でチャジャン麺(4000ウォン)を。キムチをハサミで切るのは初体験でした。
f0095618_20573736.jpg

    麺職人のアジョッシの華麗なる麺打ちをガラス越しに見ながら、
f0095618_20583649.jpg

               よ~く混ぜて、「いただきます」
韓国映画では黒いチャジャン麺がよく登場します。たいていはペダル(出前)なので、
見た目にもかなり固そうで、必死に混ぜて口に運ぶと、いつの間にやら口の周りが
真っ黒に、という印象でした。このお店のチャジャン麺は、稲庭うどんにあっさりとした
たれが絡んだといった印象。できたてなので、温かくてちょっと想像していたのと違う食感
でした。そしてたれは辛みがまったくなく、タマネギだけでなくジャガイモも入っていて、まさに庶民の味といった趣でした。
次回はペダルに挑戦してみたいと思います。
三日目は、朝一で三成に映画を見に出かけ、チョンノ3街に戻って昼ご飯タイム。
f0095618_217974.jpg

マンドゥラミョン(2500ウォン)で腹ごしらえしました。少ないかなと思ったら、結構ボリュームがありました。
窓から眺めるチョンノの街は、なぜかおじさん率がとても高かったです。(笑)

そうそう、二日目の夕ご飯が抜けていますが、これは旅人二人が抜け殻になってしまって
いたため、食べはしましたが画像はありません。
ちなみに食べたのは、キムパプ(普通のとおいなりさんタイプの盛り合わせ+味噌汁)で
した。場所は光化門の教保文庫のフードコート。お値段は3800ウォンでした。

この他現地で買って食べたものは、コンビニのおにぎり1個(700ウォン)だけでした。
朝食付きの宿だったので朝もちゃんと食べてます。三日目は朝早く出かけたので、
パン(日本から持参したものがまだあった)とコーヒーでしたが。
こうして振り返ってみると、女性二人のソウル旅にしてはあまりにも食費がかかっていないことに気づき、自分でもちょっと驚いてしまいました。
今回は食べること以外で、満たされた旅だったんだなぁと改めて感動(笑)しています。

次回は、いよいよエンタレポに突入、できるかな?!
[PR]
by nanako_konana | 2008-02-13 21:21 | ソウル

ソウルから帰ってきました・・・・・。

ゆうべ無事にソウルから戻り、今日から何食わぬ顔(のつもり)で仕事をしていますが、
            実は心がかなり痛いのです。(・・・笑)
正直に言います。「萌えつきてしまいました!」(←誤字ではありません)
f0095618_230917.jpg

     旅立ちの日、空港へ向かうモノレールから見た夕日です。

5本の映画と、お芝居2作品(1作品は2回)を鑑賞し、庶民的なご飯を美味しくいただき、
ソウル市民に間違えられたり、ちょっとしたハプニングも経験しながら、すてきな友達と過ごした3日間でした。明日からぼちぼちアップしていきたいと思います。
[PR]
by nanako_konana | 2008-02-12 23:04 | ソウル

雪やこんこ♪(こが一つ余計でした・・・汗)

f0095618_12144313.jpg

雪の日曜日になりました。我が家から見える雪景色です。寒っ!
この調子だと明日のあさは道が一部凍り付いて、自転車で駅まで出るのはかなり危険かと思われます。
初めて駅まで徒歩+バスで出ることになりそう。
今日は早寝して備えなくては!
こんな空の下でぼ~っとしていたのはほんの1ヶ月前のことなのに、、遠い遠い昔のことのようです。
f0095618_12192954.jpg


それなのに、もっともっと寒いところをめざして、朝から荷物をまとめていました。





誰かが呼んでる声がする?!
[PR]
by nanako_konana | 2008-02-04 19:41 | 暮らし