窓を開けて~ただいまお休み中zzz.....

nanako3838.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

う~~~ウォンテッド!

○○メーカーというのがいろいろありますがこんなのもあるんですね。
         早速やってみましたら、このような結果となりました。(笑)
f0095618_2231365.jpg

            いやいやいや~・・・・・・・・・・・・・・・(滝汗)
           
[PR]
by nanako_konana | 2008-03-20 22:04 | その他もろもろ

電車通勤もまた楽し?!

去年の3月末まで、自転車通勤片道15分弱という、職住接近の理想的な生活を送っていましたが、4月から私鉄~地下鉄~地下鉄と三つの路線を乗り継いでの通勤になってしまいました。しかも最寄り駅まで遠いので、自転車利用。この距離が以前の勤務先に行くより遠いときたもんですから、もうたまりません。まさに痛勤といった感じです。
さて、そんな痛勤生活も始まって1年近く経つと、すっかり慣れてくるもので、さすがにまだ日が昇りきらない冬場は辛かったものの、それを乗り越えて春を迎えた最近はまわりを見回す余裕も出てきました。
f0095618_20505838.jpg

             改札の上に、いつの間にやらメーテル登場!

そしてびっくり!!
[PR]
by nanako_konana | 2008-03-19 21:01 | 日本あちらこちら

「歌わせたい男たち」(作・演出 永井愛)

大学路での感激の観劇から3週間。東京でもすばらしい舞台に出会いました。
f0095618_21503443.jpg

2005年の初演時から話題になり、その年の演劇の賞を総なめにした舞台の再演です。
初演は見逃してしまったので、再演のお知らせが二兎社から届いたときはとてもうれしくて、早速チケットの予約をして楽しみに待っていました。

あと2時間で卒業式が始まるという、とある都立高校の保健室から物語はスタートします。
私が観た回は、描かれている状況に身を置いていたり、よく知っているというお客さんが多かったようで、ばかばかしいとしか言いようのない登場人物の応酬や、苦悩する姿に、ストレートに反応して、笑いが起こったかと思うと、一瞬のうちに重苦しい空気に包まれたりしました。

近藤芳正演じる日本史担当の不起立を決意した中年教師に、笑いながら気がついたら涙が流れていました。東京サンシャインボーイズの舞台でもとてもいい味を出していた役者ですが、年を重ねて出てきた奥行きと陰影が、文句なしにすばらしかったです。

教育とか学校には興味がないという人にこそ、実は観て欲しい舞台です。

3月23日でまで新宿の紀伊國屋ホールで上演され、その後地方公演が続きます。
「みんな、観に行ってちょ~!!」と強く強くオススメさせていただきますね!!
詳しくはコチラをどうぞ!

あぁ~、やっぱり生の舞台はいいですね。
[PR]
by nanako_konana | 2008-03-07 22:26 | 舞台

演劇熱戦2!その2「老いた泥棒の話」(作:イ・サンウ 演出:キム・ジフン)

怒濤のソウルエンタ旅の最後のレポートとなりました。
旅友Mさんにとっては、この舞台を観ることがこの旅で一番の目的だったので、私も大いに張り切って「ようし、言葉がわからないのだから2回続けて観ちゃおう!」と、マチネとソワレのダブルヘッダー鑑賞と相成りました。もう一人の捜査官役のミン・ソンウクは、なんと前説で登場。
そうとは知らず、「きっと役者志望のスタッフなんだね」と脳天気なことを言ってしまった私でした。
f0095618_20423125.jpg

   「本日の役者さん」ステッカーが貼られた、キャスト紹介ボードです。
前の日に観たお芝居にも「泥棒さん」が登場しましたが、このお芝居も二人の老いた泥棒が主役です。作者のイ・サンウ氏は劇団チャイムを主宰する劇作家で、1989年に初めて上演されて以来、数回の再演を経て、今回初めて外部から演出家を招いての上演となりました。
f0095618_2048939.jpg

                過去の上演時のポスターです。
まったく予習していなかった私は、羽田空港でMさんから渡されたこの作品に関する資料を、一人機内で読みました。(バタバタと決まった旅だったので、なんと同じ便が取れず1時間ほど早く飛び立ったのです。ちなみに帰りも同様でした。)
資料を読みながら歴史的・政治的な背景などがわからないと、理解できないお芝居かも知れないと不安になったのですが、

・・・・・・・・・・!!!
[PR]
by nanako_konana | 2008-03-03 21:33 | 舞台